ヨレないファンデーションはない!全て自分のせいだった

日中や暑い時期になるとファンデーションがヨレてしまう…

そのヨレる理由はファンデーションではなく、あなた自身の肌質、または塗り方のどちらかです。

ヨレるということは、最初に塗った状態よりファンデーションの状態が変化しているという証拠。ファンデーションを変化させるものは何かというと、外気か自分の肌から分泌されるものしかありません。

この変化させるものを全て受け止めてヨレないファンデーションはあるのか…?

というとまずないんです。あっても、ちょっとだけで、完璧にヨレないファンデーションなんてありません

結局は塗りすぎが原因No.1

塗り方でヨレるってどういうこと?

塗り方でファンデーションがヨレるのは、ほぼ単純に塗りすぎです。

ヨレるというのは厚みが均一ではなくなるため、スジが行ったり盛り上がったりして起きます。

つまり薄付きならヨレません。

ファンデ2回や重ねづけは間違いなくヨレる

でもそんなに厚塗りしていないんだけど…

多くの女性は、自分は厚化粧ではないと思っています。

確かに厚化粧ではないのかもしれませんが、「厚塗り」になっている人は多く、それでヨレが起きやすくなっています。

下地→リキッドファンデーション→コンシーラー→パウダーファンデーション

という手順を踏んでいる人もいますが、基本的にリキッドファンデーションの上にファンデーションを乗せると、パウダータイプであってもかなりヨレやすくなります。

なぜかというと、ファンデーションははっきりとした化粧の皮膜を作るからです。

皮膜が厚くなるとヨレるので、リキッドファンデーションの上にまたファンデーションというのはヨレても文句は言えないのです。

ルースパウダーとコンシーラーの使い方次第でヨレにくくなる

じゃあどうすればヨレにくくなるの?しっかりと仕上げたいんだけど…

最後にパウダータイプのファンデーションを乗せるとお化粧がしっかりしますよね。

でもしっかりする=皮膜が厚くなる、というわけでヨレやすさは大幅アップです。

質感は変わりますが、ヨレにくさを重視するならルースパウダーで仕上げてみてください。

またコンシーラーは気になる部分の中心を濃く、周辺を薄くしていき境目をなくし、全体的に多く塗らないように。

朝のメイク時は物足りなさを感じるかもしれませんが、日中や夕方になったときに違いが大きく出ます。結局朝の通勤をピークにしたいのか?お仕事が終わるときまで維持したいのか?どちらがいいのかで考えてみてください。

しっかりメイクでもヨレない女性がいる理由は肌の分泌物

でも、しっかりメイクしていてもヨレていない人もいるよね?何が私と違うの?

しっかりメイクでも崩れずヨレずで夜までキープしている女性はいます。

その違いの元は肌質です。

ヨレるということはファンデーションなどの成分が変質してしまうこと。その変質させるものが、肌から分泌される皮脂です。

そしてファンデーションに含まれる水分が減少することでもヨレてしまいます。

つまり、皮脂と水分。

この2つがバランスよく肌にあり、朝と夕方で変化量が少ない人は、どんなファンデーションを使ってもあまりヨレることはありません。

だからこんな人が使っているファンデーションを聞いて自分が真似して使ってみても、まずあなたの場合はヨレてしまうのです。ヨレないファンデーションがない理由が分かるのでは?

あぶらとり紙で抑える?それってもう手遅れ

皮脂が多いからって抑えられるの?あぶらとり紙じゃ結局ヨレるよね?

皮脂が多い人は休み時間などに化粧室で皮脂浮きをケアするでしょう。主にあぶらとり紙で余分な皮脂を取るのですが、その時点でもうヨレだしているのであまり意味がありません。

表に皮脂が浮いてきているということは、既にファンデーションに混じって変性を起こしている証拠だからです。

だからあぶらとり紙が必要な段階で手遅れ。ヨレ防止にはなりません。

つまり、自分の肌から分泌される皮脂量を抑えない限り、ファンデーションのヨレは予防できません。

皮脂が多い原因!ストレスは仕方がないけどもう1つは…

皮脂が多く出てしまう原因は何なの?

皮脂は肌を綺麗に保つのに必要不可欠です。ただ出すぎる場合は以下の理由です。

  • ストレス過多
  • 肌の乾燥・水分不足

主にこの2つが原因。

緊張するとよく脂汗が出ると言いますが、皮脂分泌はストレスを受けると多く出てしまうのです。

また皮脂分泌は男性ホルモンの働きのため、生理が乱れがちな女性も皮脂が多くなる時期があります。

そして乾燥・肌の水分不足。いわゆるインナードライです。

あなたはインナードライ?もしそうならヨレ改善のチャンスあり

ストレスは仕方がないよね…でもインナードライなのかな?私も

自分がインナードライかどうかは結構分かりづらいです。

ぬるま湯だけで洗顔して、しばらく何もしないまま過ごして、肌触りがザラッとしていたり、何かピリピリ乾燥を感じるようならインナードライです。普通はぬるま湯洗顔でこのようなことにはなりません。

女性には非常にインナードライが多いとされています。その理由が洗顔です。男性より洗顔にかかる時間が倍以上、そして朝もしっかり洗う人が多いため、肌の貯水成分が不足するためです。

今日から始める「洗い過ぎない意識」でヨレなくなる

でも洗顔をしっかりしないとファンデーションがヨレやすくなるよ?

皮脂が原因でヨレる人は、皮脂を抑えようとする意識があるため、無意識に洗顔にかかる時間が増えています。

しかし、皮脂は本来肌に必要なものです。何のためにあるかというと、肌を刺激から守るため、そして肌常在菌(美肌菌)の餌とするためです。

つまり必要な皮脂を取り過ぎると、肌は防御反応で皮脂を多く出します。これを繰り返すと、日常に分泌される皮脂量はどんどん増えます。

あなたは皮脂が邪魔。でも肌は必要と頑張って分泌します。肌はファンデーションがヨレようが知ったことではないですからね。

洗顔はしっかりしたいなら貯水成分を補おう

でも洗顔を控えるのは気持ち悪いし…

女性のインナードライはほぼ洗顔が原因。なので、洗顔を改めないとファンデーションのヨレは解消することはありません。

ただ急に洗顔を控えめにするのは難しいので、その代わりに肌に貯水成分を与えてあげるとヨレが変わってきます。

肌の貯水成分はセラミド。これが超大事

貯水成分って?

肌の貯水成分とは主にセラミドのことです。

セラミドは肌の表面にある角質層の中にあり、ここで水分を強力に維持します。

洗顔の度にこのセラミドも失われるため、洗顔を控えめにすることでも増やすことができます。

ファンデーションのヨレを防ぐ朝と夜のスキンケア

セラミド配合の化粧水を付ければいいの?

化粧前に塗るなら、セラミド配合の美容液がおすすめ。

セラミドは脂質性と水性の両性なので、脂質性を多く含める美容液のほうが多く肌に補えます。

毎晩の洗顔後に使いたいのはビタミンC+貯水保湿

普段のスキンケアは?

普段のスキンケアは、皮脂が多い人は洗顔後にビタミンC美容液を加えるのがいいでしょう。

ビタミンCはあらゆる肌の悩みにとって優れており万能。特に皮脂バランスを整えるのでファンデーションがヨレやすい人には合いますね。

その後、セラミド配合や、セラミド類似の貯水成分がたっぷり入った化粧水、クリームなどで仕上げるのがいいでしょう。

タイミングは夜のスキンケア時です。

夜寝ている間に貯水成分が肌に多くあると、肌本来のターンオーバーが助けられてセラミドを多く含む綺麗な肌作りができます。

このように肌水分量を維持した状態が長く続くと、普段から潤いが続く肌となり、インナードライ肌の解消にもなります。

つまりファンデーションのヨレが予防できるというわけです。

厄介なほうれい線ヨレにシワ対策は意味がない

肌に貯水機能を増やせば皮脂くずれは防げるんだね!でもほうれい線のヨレはどうすれば…

ファンデーションのヨレ原因でかなり困難なのがほうれい線にそってヨレる症状です。

ほうれい線はシワと考えられていますが、実際は頬全体のたるみから生じるものです。

そのため、コラーゲンを増やすケアを頑張ってもほうれい線はなかなか解消されません。

リフトアップ維持ができるほうれい線ケアコスメがベスト

じゃあほうれい線のヨレは諦めるしかないの?

ほうれい線を消すには美容外科で何かしらの注射や外科手術が必要です。

ただそれでも100%消えるわけではなく、目立たなくなる程度です。

ホームケアでもたるみ対策化粧品が使えますが、いくらいい成分が多く入っていても、たるみを釣り上げた状態で維持しないとその効果は発揮されません。

伸びてたるんだ状態だと、仮にコラーゲンが増えてハリが増したとしても、下に引っ張られたままなのでほうれい線はほとんど消えないのです。

この問題についてクリアした新しいスキンケア化粧品も出ています。ほうれい線にファンデーションが溜まってヨレる人はそちらもチェック。

ファンデーションがヨレない素肌づくりができる化粧品

ファンデーションがヨレない素肌を作るために役立つ基礎化粧品やオールインワン化粧品をピックアップしました。

どれも肌表面を邪魔しない、内側から変えるものなので、朝使ってもお化粧に影響が出ず、さらにノリも良くなるのでおすすめ。

超浸透技術でヨレない毛穴レス肌に

医療技術の浸透技術を採用。そのため他の化粧品とは格段の違いが特徴です。

特に効果の高いピュアビタミンCを配合。一般的な誘導体ではなくそのままのビタミンCのため、皮脂が多い人にはこれ以上ない美容液です。

セラミドに類似した貯水成分をしっかりと浸透。潤いを肌表面の皮膜に頼らず実現するため、驚くほどサラサラなのにしっかり保水。皮脂の出番をなくしてファンデーションのヨレ予防はもちろん、ノリの良さも抜群に仕上げます。

天然セラミドとビタミンCでベタつきゼロ肌に

とにかく余計なものを入れず、美肌にいいものは全て詰め込んだかなり潤沢なオールインワンゲル。

天然のセラミドとアミノ酸がかなり豊富に入っており、ビタミンCを始め、EGFやIGFといった高機能エイジングケア成分など数十種類も配合。

自活保水力を高めるため、朝いきなり化粧ノリがよく、肌の違いは2週間で99%が実感するほどです。オールインワンですが一切手抜きはなく、コスパが高いのも魅力です。

ほうれい線のファンデーションよれならこれ

初めて実感!ほうれい線でヨレない肌に

浸透技術が桁違いのビーグレン。その技術を活かしたことで実現した、たるみほうれい線にアプローチするリフトアップ美容液です。

たるみから生まれるほうれい線に働きかける3つの成分を、リフトアップ維持機能により記憶化。頬が正しい位置で維持される間に成分がしっかりと働きます。

今までになかったほうれい線対策。そしてもちろんビタミンC美容液も。この2つで顔全体、そしてほうれい線のファンデーションよれが予防できます。

ルースパウダー仕上げでヨレないセラミドBBクリーム

BBクリームはヨレないと聞いて使ったはいいけど、実際は普通のファンデーションよりヨレるじゃん!!

という話をよく聞きます。

それってBBクリームの使い方を間違っているだけ。BBクリームは色々な肌の悪い部分を綺麗に隠す効果があるので、そこにさらにパウダーファンデーションやコンシーラーを塗っていたり、単純にBBクリームを塗りすぎているからです。

正しいヨレないBBクリームの塗り方は、あくまでBBクリームでほとんどを仕上げ、ルースパウダーなどで軽く見せるのが正解。

そしてセラミド配合のBBクリームなら、クリーム内の水分が逃げづらくてヨレにくくなっています。乾燥肌の人にもおすすめ。

また、洗顔後にビタミンC美容液で皮脂コントロールしてからBBクリームというのもヨレにくいやり方です。ビタミンC美容液なら断然ビーグレンが効果的です(ビーグレンの説明へ)。

ナノセラミドでヨレにくい

敏感肌のスキンケアに大人気のディセンシア。そのエイジングケアラインのアヤナスにはBBクリームがあります。

このBBクリームはアヤナスのスキンケアラインと同じ成分で作られています。そのため、このBBクリームを塗っている間は美容液パック状態。

浸透性の高いヒト型ナノセラミドで潤いを維持して皮脂の出番をシャットアウト。自然な肌色に仕上がるので、あとは好みでパウダー仕上げで十分。クレンジング後の素肌も変わる、ヨレにくい肌を作るエイジングケアBBクリームです。